高麗人参研究所

高麗人参はコレステロール値の上昇を抑える?

高麗人参とコレステロールの関係

コレステロール値の上昇は病気の原因になり、多くの人が気になるもの。高麗人参にはこのコレステロールに働きかける作用が期待できます。
どのような効果なのか、この記事で詳しく見ていきましょう。

コレステロールとは

コレステロールは細胞膜や胆汁、ホルモンの材料になるもので、もともと体には必要な成分です。
コレステロールには2種類あり、悪玉と呼ばれるLDLコレステロールは肝臓から全身の組織にコレステロールを届ける役割をしています。
一方、善玉と呼ばれるHDLコレステロールは、余ったLDLコレステロールを回収して肝臓に届ける働きをするものです。
これらがバランスよく働いていれば、健康は保たれています。しかしLDLコレステロールが多過ぎて回収しきれないと、血中に残ったLDLコレステロールは血管壁に入り込んで塊を作るなど、悪影響を及ぼしてしまいます。

高麗人参のコレステロールへの効果

高麗人参にはさまざまな健康効果がありますが、それをもたらしているのはサポニンという成分です。サポニンには多くの種類があり、それそれが異なる作用を持つという特性があります。
高麗人参にはこのサポニンがたくさん含まれ、その特殊性からジンセノサイドと呼ばれています。このジンセノサイドがコレステロールに与える効果は、次の通りです。

LDLコレステロールとDHDLコレステロールの両方に働く

ジンセノサイドには脂質の代謝を促し、余分なコレステロールを分解する働きがあります。さらに別の種類のジンセノサイドには、善玉のHDLコレステロールを増やす作用も確認されています。
このようなダブルの作用で、コレステロール値の上昇を抑える効果が期待できるでしょう。

抗酸化作用

ジンセノサイドには高い抗酸化作用があり、活性酸素を除去します。大量に発生した活性酸素は細胞を酸化させますが、体内に溜まったLDLコレステロールも酸化されることで、さらに体に悪影響を及ぼすことになります。
酸化したLDLコレステロールは欠陥なの壁にプラークと呼ばれる塊を作りやすくして、血管を狭くしてしまうのです。
ジンセノサイドの抗酸化作用が働くことでこのような酸化を防ぎ、病気への進行を阻止することができるでしょう。

まとめ

高麗人参のコレステロールへの効果について説明しました。
コレステロール値の上昇は自覚できないことが多いので、定期的な健康診断を受けて対策をする必要があります。
診断の結果、数値が高かった場合や、日ごろ食生活からコレステロールが気になるという人は、高麗人参を摂取することでその改善が期待できるでしょう。

ページのトップへ戻る